4月15日発売の新商品「杏乃花姫」、
おかげさまでご好評をいただいております。
厚く御礼申し上げます。ありがとうございます。

今回は、お店のご紹介です。
「杏乃花姫」の販売をお願いしている、千曲市の柿崎酒店さんです。
それでは、ご登場いただきましょう…。

皆さま、こんにちは。柿崎酒店です。

創業から70年を数える当店は、千曲市の屋代駅前にあります。
現在の社長は3代目。「地域に根付いた、まちの小さな酒屋」です。

お酒は、酒蔵さんやメーカーさんが一所懸命、大事に作ったもの。
お客様に喜んでいただけるよう、おいしく飲んでいただけるよう、
お好みやシチュエーションに合ったお酒のご紹介・ご提案もしております。

利用してくださる皆さまに
「小さいけれど、ちょっと頼りになる酒屋」と
思っていただけたら、嬉しいです。

<杏乃花姫、どうですか?>
日本酒には、辛口・甘口がありますが、
「杏乃花姫」は飲んでみると「爽やかでさっぱりとした甘み」を感じます。
しつこくなく優しい口あたりが印象的です。
お酒がちょっと苦手な人でも飲めるのではないでしょうか。
ふんわりとした香りは、お米の甘さ、柔らかさを感じさせます。
甘酒のようでもあり、炊きたてのごはんのようでもあります。

<杏乃花姫の特徴は?>
千曲市の「あんず平和酵母」で醸された、このお酒は、
口に含むと、まず、ふわっとした甘みを感じます。
そこに、あんずのすっぱさのような酸味が、
あくまで柔らかく、追いかけてきます。

<おすすめの飲み方は?>
生酒なので、冷酒や常温で飲むとよいですね。
冷たいと、ややキレのある酸味を感じやすいです。
常温になっていくにつれて、甘みや香りが息づきだし、感じやすくなると思います。
飲み方を試してみて、お好みの温度を見つけるのも楽しいですね。

<飲むタイミング、マッチングしやすい食べ物は?>
食前または食後がおすすめです。
お酒そのものが甘いので、
食後のデザートと一緒に飲んでいただくのも良いですね。
バニラアイスなどのミルク感があるデザートや、
ストロベリー系も合いそうです。

ゆっくりしたい時や、ほっとしたい時に飲んでみてください。
酔いごこちは、ほっこり。ほのかなピンク色に包まれる感じでしょうか…。

限定純米酒「杏乃花姫」、ぜひ当店でお買い求めください。

 

【お問い合わせ】
(有)柿崎酒店 千曲市小島3150
※ご注文はTEL・FAX 026-272-0208 へどうぞ。
※配達も承ります。ご相談ください。

 

「杏乃花姫」300ml 販売価格700円(税込)
アルコール度数11度、精米歩合70%、日本酒度-20、酸度2.0
※季節限定、販売数量限定、販売エリア限定(千曲市のみ)の特別なお酒です。

 

※今日も「寛ぎと至福の一杯」を。
https://www.obasute.co.jp/category/staffblog/
「スタッフブログ」も、あわせてごらんください。