こんにちは!!

今年の春は・・・ゆっくり満喫することなく、バタバタと梅雨入りしましたね。

地区の棚田の田植えも終わり、蛙たちの合唱でとても賑やかです・・・

そして、リンゴの木・桃の木・ぶどう棚と順調に育っています。

黄金色の稲穂が実り、果物たちがたわわに実る頃には、

落ち着いた日常になることを願うばかりです!!

これから熱中症も心配になりますね。くれぐれもご自愛ください。

さて・・・・・・

6月は粕詰の時期です、良い香りが漂っています。

今年の酒粕は、今まで以上に美味しくなりました。

「奈良漬けには、オバステさんの粕」と言ってくださる方々が

今年もお待ちになっています。いつも有難うございます。

 

★味見に、キュウリの粕もみを作ってみました。

深い粕の香りと、滑らかな味と、キュウリのコリコリ感がマッチして・・・

お酒の肴にとっても合います。日本酒がすすみます👍 ぜひお試しください!

「簡単レシピ」

〇新鮮なキュウリを薄めにペタペタと輪切りにします。

〇塩をまぶして、5分くらい置いておきます。

〇ごはん茶碗に2杯ほどの酒粕(キュウリは2本くらい)に

砂糖と塩をお好みの分量で、まぶしておきます。

塩をまぶしておいたキュウリがしなっとしたら、水分をよく切って、

用意しておいた粕と混ぜれば、出来上がりです。