6月の第3日曜日は、父の日。
今年は21日です。

姨捨正宗 長野銘醸より「父の日ギフト」のご案内です。

昨年の台風19号、そして今回のコロナ禍、異常気象の継続など、
世の中は、さながら非常事態のほうこそが、常となりつつあります。

そんな中でも、いろいろあっても、世間のお父さん(親父さん)方は、
家族のため、会社のため、社会のために、愚痴も言わずに頑張っています。

日ごろ寡黙な親父さんに感謝と愛を込めて、
「寛ぎと至福の一杯」をプレゼントしませんか。

弊社の商品は、全てが純米酒。気持ちが伝わる、からだ思いのお酒です。

お近くのお酒屋さん、弊社オンラインショップで、お求めください。

姨捨正宗 店主 敬白

 

【おすすめ! お得なセット品】

①姨捨正宗  コンクール入賞酒セット ¥2,830 (税別)

 

②姨捨正宗「巣籠り3種セット」¥6,300 (税別)
※この商品は、当サイト「お問い合わせ」の
メールフォームからお申し込みください
https://www.obasute.co.jp/contact/

 

追伸
ところで、昭和のお父さんというと、どんなイメージでしょうか?
頑固者? 団塊の時代に代表される猛烈サラリーマン?
ともあれ、日本を大正の親父たちから引き継ぎ、
敗戦の焦土を経済大国に再生させた功労者といえるでしょう。
改めて、お疲れさまを言いたいですね。
では、平成のお父さんはどうでしょうか。
草食系の優しいパパさん。確かにそうもいえるでしょう。
昭和から平成、そして令和へ。
豊かだった日本。現在は曲がり角…? そんな声もあります。
いえいえ。これからの日本を背負うのは平成のお父さん。
期待と感謝を込めて、声援を送りたいですね。
令和のお父さん… は当分現れませんが、
元気な昭和の親父どの、平成のお父さんの皆さんに、
姨捨正宗 長野銘醸の純米酒をぜひどうぞ。

「寛ぎと至福の一杯」姨捨正宗。
親父は、笑みを抑えて静かに味わうのです…。