貯

日本酒は熟成のためにタンク内で貯蔵し熟成後、アルコール度数を整えてから瓶詰し商品として出荷されます。

一部の製品では搾った原酒を1升ビンに詰めてから瓶燗し、氷温熟成により酒質を向上させるため、-5℃の冷蔵庫で一定期間貯蔵しています。

この氷温長期間貯蔵により香りや味わいが整い、商品として納得して出荷できるまで、寝かせる事が可能となっています。

また、一部商品では商品完成後も冷蔵庫に保管して熟成が進みすぎないようにし、お客様が飲まれる頃においしく飲めるように調整しております。